カラミざかりのあらすじとネタバレ・感想

【エロ漫画】カラミさがりの3話目|へへ、きれーにしてやったぞを読んだ感想とあらすじや内容を桂あいりファンが全力でご紹介

マン●をがっつりと見せる椎名のシーンから始まるカラミさがりの3話目。

オナホを見せるだけから始まったのにも関わらず

いつの間にか局部を見せ、オナホを使ってオナニーをさせるという流れになったカラミさがり。

まさか、、こんな展開で童貞とか卒業しちゃう?

青春セックスエロ漫画のカラミさがりの3話目の見所はこの4つ

  • オナホを使って手コキを始める椎名
  • 手コキしながら感じる椎名
  • ローションと精子たっぷりのチン●をフェラする椎名
  • 高史に押し倒され始まるネッチョリ激しいキスと前戯から『挿れていい?ゴ・・・ゴム』

オナホにたっぷりとローションを垂らしクチュクチュとオナニーをし始める高史と自分がオナニーのおかずになるためにマン●を見せる椎名の展開で終わった2話目。

カラミさがりの3話目はこれまで以上に急展開な流れに・・・




カラミさがりの3話目|『へへ、きれーにしてやったぞ』まさか椎名の発言とは!あらすじとネタバレ

高史のチン●をボッキさせるために一肌、いやひとマンを見せる椎名。

こんな簡単にマン●を見れるなんて、この世は不公平だ〜と思うのような展開で幕を閉じた2話目。

3話目ではもっともっと、こんなのありってぐらいクチュクチュ、ハァーハァーば勃起全開の濡れ濡れな展開が待ち受けています。

カラミさがりの3話目|オナホを使って手コキを始める椎名

椎名のマン●を見てギンギンになった高史のチ●コ。

そりゃー生パンツからの生マン●のコンボは高校生、いや大人にでもフル勃起になる展開。

高史の反りたったチン●にローションたっぷりのオナホを椎名が被せシコシコと始めるのだ。

高史自らがオナホを使うのではなく、椎名の手コキオナホなのだ。

こんな予想もつかない最高な展開となった高史。

ビンビンになったチン●に可愛い女子にオナホを手コキをされて嬉しくないやつはいないだろう。

エロは頭の回転が速いというが、手コキをされて見れなくなったマン●の代わりにおっぱいを触らせろという言う高史。

カラミさがり3話目|手コキしながら感じる椎名

最高な力加減でクチュクチュとまさに挿れているような感覚で可愛い女友達にオナホを使ってシコられている高史。

そして初めての生ちんをから女となり濡れ濡れになっているだろう椎名のおっぱいを揉まれ「ハァーハァー」と我慢しても漏れてしまうような勃起が止まらない声を出す椎名。

その後ろでは、「え?」ともなり「ラッキー」にもなるシチュエーションに遭遇し、ボッキを隠しながら、ジュンとパンツを濡らしながら見ている高成と飯田がいる。

こんな展開になったら自制心なんて全くいらない。

ただ、全力で気持ちよくなり、オスとメスになるだけ。

部屋中にクチュクチュとオナホを椎名がシコシコする音とともに高志に胸を揉まれ、乳首をクリッと軽くつままれ感じながらも声を我慢する椎名のエロ声がひびきわたる。

カラミさがり3話目|ローションと精子たっぷりのチン●をフェラする椎名

興奮度120%のシチュエーションで最高潮を迎え、椎名の持つオナホでイッた高志。

男から見れば誰もが羨ましくそして、体が仰け反るぐらいイッたであろう。

本当に気持ちよかったはずだ。

チン●からオナホを取りティッシュで精子やローションをたっぷりのチン●を掃除しようとしたその時だった。

目の前のチン●に我慢できなかった椎名は微塵も躊躇することなくそのチン●を咥えたたのだ。

そして、咥えただけではなく、初めてにも関わらず慣れたように「ジュルジュル」とお掃フェラを始めたのだ。
最高潮を迎え、イッた余韻に浸ろうとしていた高志にお掃除フェラをし終わった椎名の一言でエロ魂に火をつけるのであった。

「へへ、きれーにしてやったぞ」

このシチュエーションで、お掃除フェラまでされ、最後にこの一言を言われた男で、自制心を保てるやつはいないだろう。

カラミざかり3話目|高史に押し倒され始まるネッチョリと激しいキスと前戯が始まる

お掃除フェラをされ、「へへ、きれーにしてやったぞ」とあの顔で言われたら男して黙っていられるわけがない。

まあ、奥手の高成ならそのまま展開は発展しないかもしれないが。

これまで数えきれないぐいらのAVを見てきた二人にとったら始まるのはもう一つ「セックス」

初めてのキスかもしれないだろうが、舌と舌が絡み合い、歯があたっておかしくないぐらいの激しいディープキス。

椎名の手は高志のさっきよりもビンビンになっているチン●へ

高志の手はさっきまでオナニーのおかずとなっていた濡れ濡れのマン●へ

ビンビンのチン●と濡れ濡れのマン●が揃ったらあとは挿れるだけである。

1話目で見たAVのシチュエーションなような展開をガマン汁とマン汁で濡らしている高志が一言

挿れていい?

ゴ・・・ゴム




カラミざかりのへへ、きれーにしてやったぞの3話目を読んだ感想

一気に挿れる直前まで進んだカラミざかりの3話目。

まさかここまで展開が進むとは正直思ってもいませんでした。

3話目で出だしからビックりさせれます。

オナホを見たいということで、家にきた新山と飯田ですが、高史にオナホを使わせるのではなく、新山自らオナホを握り、シコシコと始めるんですよ。

そんな簡単に女の子からしごいてもらったら・・・羨ましい・・・こっちはお金を払って・・

そして、高史がちゃっかりしてるなーと思ったのは、新山にしごいてもらいながらも自分は新山のDカップはあるだろうおっぱいを揉み揉みしているところだよね。

ハリのあるDカップのおっぱいってどんだけ最高なんだよ。

新山はおっぱいが性感帯なのか、ただただエロい体なのかわからないが、がっつり感じているし、こんなエロい声だされたらすぐに逝ってしまうよね。

個人的に一番、ビビって私もボッキしたのは、ローション&精子まみれのチン●を躊躇なくお掃除フェラして火照らせながら「へへ、きれーにしてやったぞ」といったシーン。

読者さんならわかると思いますが、こんなこと言われたらどうします?

さっきイッたばかりなのに、さっきよりビンビンになるのは間違いないですよね!全力でボッキしてチン●が痛くなるぐらいだよね。

その後の高史の行動は普通だよね。

そりゃ〜押し倒したくもなるし、キスもしなくなりますよ。こっちはだってチン●150%ボッキ中なんだからさ。

『挿入許可』

をもらった高史。そして、ゴムをちゃんとベッドの下とか手元に置いて置かなかったところが可愛いが、ちゃっかりと持っている高史も憎めない。

フルボッキさせてもらった3話目でしたが、4話目ではちゃんと挿れることができるのか?

そして、どんな初セックスになるのか楽しみでしかたありません。




カラミざかりの4話目のあらすじと読んだ感想|おっぱい…さわって…がエロすぎて青春エロ漫画の域を超える